京都の「うなぎの寝床」の土地に、大工さんに木の家を建ててもらいました。
2011年12月竣工、暮らし始めて5年目になりました。
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

立春
まぶしい。

もう少し季節が進むと、太陽の高さが変わってこれもおさまる。
冬から春への今だけ。
水回りの暖房
うちの洗面所・トイレは建物の北側で、ありがたい事に夏は比較的涼しいが、冬はとても寒い。なので冬は暖房器具が必須である。

浴室暖房乾燥などというオプションは予算外で付ける事は早々に却下され、使っているのは引っ越し後に購入したセラミックファンヒーター。
お風呂に入る前はお湯はりと共に脱衣所で起動。寝る前には洗面所とつながっているトイレの扉を開けてタイマーにしておく。起きる30分前くらいから動くようにしておけば、一坪強の広さは寒く無い程度に暖まっている。
浴室以外も暖められることや、移動できることも含めて、結果としてはこちらの方が使い勝手は良かったのではと思う。


今年はお正月から暖かったが、冬は冬なりにキュッと寒い日もないとなあと思う。そして何回かは雪がうっすら積もったらなあと思う。が、-4℃はやっぱり寒い。

2015→2016
あけましておめでとうございます。

今年は和室にておせち、お雑煮。
考えてみれば和室での初元旦。

八幡巻きの柔らかさは、やっぱりお肉の単価に比例すると再認識。実家との資金力の差・・。

剪定
伸び放題のままだった植木をながめつつ、植木屋さんに「年末までに何とかなったら嬉しいんですけど・・」と12月になってからダメもとで言ってみたら、やりくりして仕事納めぎりぎりに入ってくれはった。

ああ、すっきり、さっぱり。
生えっぱなしになってた雑草、落ちたまんまになっていた葉っぱもぜーんぶ綺麗に掃除してくれはった。ほんま申し訳ないです。ありがたや、ありがたや。

お正月がくる気がするー。

百両の実がつやつや。
色があるものがあると庭が明るくなりますね。

手前味噌2015
2月に仕込んだお味噌を食べてみた。

去年のは甘めで、そのままモロキュウ的に食べるのには良い感じだったが、お味噌汁にするとちょっと物足りず市販のお味噌と合わせていた。なので今年は塩分を一割程度多めにして仕込んでおいた。

そのまま食べるには当たり前やけど塩辛い。
でも、お味噌汁にすると好みの塩分、好みのコク。
なかなか上手にできた気がする、自画自賛。